みずほ銀行のカードローンは他社で借り入れでもOK?

新たにみずほ銀行で借り入れを申し込もうと思ったら、他社で借り入れした経験がある人は慎重な判断が求められます。 延滞などの事故歴が残っていると新たな借入には障りがあることもあるようです。 延滞中でも借りられたケースはないわけではないですが、提出書類が多くなったり、金利面で折り合いがつかないなど微妙な問題点も出てくるでしょう。 また、事故顧客リストに名前が載っていたり、2ヶ月ないし3ヶ月以上の返済遅延がある場合は新規にカードローンを組むことは断られるはずです。 ただし、延滞から一定年数が経過している人はこの限りではありません。 まともな消費者金融においては担保が無い代わりに必ず審査を受ける義務が発生しますから、審査なしで融資してくれるところは全く存在しません。 街中の消費者金融の看板の表記で、無担保、無審査でお金を貸しますと表現している告知看板もたまにみますが、これは違法な金融業なので、借金した場合、法律で定められている以上の高い金利を払わされますから、くれぐれも手を出さないでください。 借入れをする場合の適合検査では、属性審査はもちろん、書類審査、在籍確認、申請者は信用できる人なのか?といったあらゆる面から調査を行います。 これらの情報を基にした上で、申請者には借りたお金をしっかり返せる能力があるのかどうかの判断し、決断をするのです。もし申請した内容が嘘の内容であったり、事実と異なる場合には適合審査の時点で難しいでしょう。 もうすでに他社から高額の借入れがある方や、過去に事故を起した事のある方は、みずほ銀行の審査に通るのはまず難しいと言えるでしょう。普段は金利の低いところを探して借りようとしますが、期日が近づいていたりすると、消費者金融での借換やおまとめローンなど、ややもすれば高金利な方に目がいきやすいです。 ただ、生活に必要な住居費・光熱費・食費等や、就労に必要な面接費や当座の交通費等であれば、公的融資を申し込んでみるのはどうでしょう。たとえば社会福祉協議会なら、最大3.0%という低い金利で融資が受けられます。 社協の生活福祉資金貸付制度では連帯保証人がいれば無利息になるというのも大いに助かります。こういった制度があることを理解して、自分にとって最適な判断をするようにしましょう。