住宅ローン審査ではクレジットカードキャッシングの回数や利用額が多いと印象が悪くなります

クレジットカードは、基本的にショッピングの代金をカードの名義人に変わって立て替えてくれるものですが、その中でお金貸してくれる機能が付帯しているカードが多くあります。
これをキャッシングと言い、あらかじめ設定した限度枠内ならATMから簡単にお金を借りて引き出すことができます。
急な物入りで間に合わせ程度に借りるのなら問題ないかもしれませんが、回数や利用額が大きくなると日常生活でお金に困っていることが多いと判断され住宅ローンの審査に影響がでてしまいます。
過去に残高不足でローンやキャッシングの返済に遅延をしてしまった人は、個人信用情報機関に照会されると一発でバレて審査が非常に不利になります。
住宅ローン審査を受けよういう人は、過去5年間までさかのぼって調べられますから気をつけて下さい。